先行研究を活用しようとした時、論文をはじめとする文献を体系的に整理するのに時間がかかる。引用したいと思った論文が見つからない。という経験はありませんか。そのような面倒を解消し、最終的な論文や提出物の質を向上するためにNVivoがサポートします。 文献管理ソフトウェア(EndNote, Zotero, RefWorks, Mendeley)から、NVivoにデータをインポートする事で先行研究・論文レビューをより効率化し、便利な研究環境を整えることができます。

文献情報を収集する

必要な文献データを集約できるので、重要なデータを無くす心配もありません。また、誤って盗用してしまうような、リスクも低減できます。

EndNoteをはじめとする文献管理・論文作成支援ソフトに保存したデータをNVivoに取り込み。

PDF, 書誌情報などの属性データを一箇所にまとめて保存。

情報を整理する

文献にラインマーカーを引く感覚で必要な箇所をテーマ毎に整理、メモや注釈を付け加えながら読みすすめて、それらをテーマごとに参照できます。例えば”引用”というテーマに気になるデータを関連づけておく事で、引用元をとりこぼすことなく探すことができます。このテーマは研究に必要な項目を自由に設定できます。

文献の中で必要な文節、図表をテーマごとに切り分けて分類。

テーマごとに整理された情報を一覧し、関連性を考察する。

情報を可視化する

大量の文献から様々な方法でデータを可視化させる事で、データを俯瞰し効率よくテーマを探したり、自身の考えを整理することができるようになります。

収集した文献から頻出語を出力することで重要なキーワードを特定。

重要な単語からワードツリーによって文脈の成り立ちを確認(日本語も対応)、特定のキーワードを含む文節を検索することも容易です。

結果をまとめあげる

ご自身の論文や資料に掲載するためのデータを簡単にまとめることができます。

著者や発行年で特定のテーマ毎の文章をサマライズ。

クロス集計を行ってパターンを識別する画面

著者毎の傾向や、テーマの関連性を調査する。

結果を構成する元の情報を簡単に参照

論文やレポートの再提出を求められた時にも、すぐ元のデータにたちかえって再考する作業が容易になります。

階層チャート画面

テーマごとの言及回数を比較、こうした出力結果からはすぐに参照元に立ち返ることができます。

マップ機能の画面

テーマの関連性を整理し、思考を見える化するためのマップ機能。これらも元のデータと関連づいているので、参照元を見失うことはありません。

これらの機能に関するビデオを見る

EndNoteとNVivoを使った研究支援と文献レビュー(日本語)

上記の機能を紹介するデモを動画でご紹介しております。先行研究・論文レビューにNVivoを活用し、研究を効率化させる方法をご覧ください。

ビデオを見る (要登録)

個別デモを申し込む

学校やグループの勉強会でソフトウェアのご紹介を行う個別デモも承っております。6月末まで期間限定でお申込みを承っておりますので詳しくはリンク先のページをご覧ください。

オンサイトデモの詳細

NVivoについて詳しく知る